18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

論文題目

詩人名 執筆者       論文題目
マシュー・アーノルド (1822-88) 山中光義 アーノルドとバラッドをめぐって
ウィリアム・E・エイトン (1813-65) 宮原牧子 19世紀パロディ・バラッド詩 (1)―エイトンとロビンフッド・バラッド―
ロバート・バーンズ (1759-96) 中島久代 Robert Burnsの模倣の諸相— Ballad、Fergusson、Barbourからの摸倣とその意味を考える —
オリヴァー・ゴールドスミス (?1730-74) 山中光義 'Edwin and Angelina'の感傷性
ウィリアム・ハミルトン (1704-54) 山中光義 ヤロ−川詩情: "The Braes of Yarrow"
トマス・ハーディ (1840-1928) 山中光義 Ballad Techniques in Hardy's Poems - Some Critical Analyses
  近藤和子 ハーディとバラッドの伝統 ー The Mayor of Casterbridge の考察 (1) ー 
ジョン・キーツ (1795-1821) 鎌田明子 ジョン・キーツにおけるトマス伝説の受容
  薮下卓郎 ロマン派詩人にとってのバラッド— キーツの‘La Belle Dame sans Merci’ を中心に —
  鎌田明子 "The Three Ravens" と "La Belle Dame sans Merci" ー 鳥をめぐるバラッドの世界 ー
チャールズ・キングズリー (1819-75) 中島久代 19世紀バラッド詩の一断面 ー Charles Kingsley の "The three Fishers" ー
ウィリアム・ジュリアス・ミクル (1735-88) 山中光義 The History of Literary Ballads (6) - "Cumnor Hall" and the Speaker in 'sick'ning griefe'
ウィリアム・マザウェル (1797-1835) 井上清子 ウィリアム・マザーウェルの『バラッド集』に見るピーター・バッハンの影
アルフレッド・ノイズ (1880-1958) 宮原牧子 "The Highwayman" に見る伝統の継承とその更新--Alfred Noyes のゴシック・アウトロー・バラッド詩--
トマス・パースィ (1729-1811) 三原 穂 原著者の追跡 ー トマス・パーシーの編集方針
  山中光義 バラッド詩の系譜(3)-編者の功罪: "The Child of Elle"
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ (1828-82) 宮原牧子 ‘Stratton Water’の「曖昧さ」―ロセッティは何故バラッド詩を選んだか?―
  宮原牧子 D.G. Rossettiの最後の詩作―バラッド詩の個性と非個性―
サー・ウォルター・スコット (1771-1832) 中島久代 Sir Walter Scottのゴシックバラッド— “William and Helen”をめぐって —
  山中光義 スコットのバラッド編纂をめぐって
パーシー・ビッシュ・シェリー (1792-1822) 伊藤真紀 P. B. ShelleyのWandering Jew像とゴシシズム
トマス・ティッケル (1685-1740) 山中光義 "Colin and Lucy" - バラッドの模倣と逸脱-
エリザベス・ウォードロー夫人 (1677-1727) 山中光義 18世紀序曲: “Hardyknute”
ウィリアム・ワーズワス (1770-1850) 山中光義  Wordsworthのバラッド詩-Lyrical Ballads 初版とその後の改訂 
ウィリアム・バトラー・イエイツ (1865-1939) 山中光義 Yeatsの'half ballad, half lyric'
  三木菜緒美 Words for Music Perhaps における有機的イメージと二律背反の溶解