18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks
マシュー・アーノルド (Matthew Arnold, 1822-88)


イングランドの詩人、文学・社会批評家。名門パブリックスクールであるラグビー校とウィン チェスター校からオックスフォード大学に学ぶ。1851年以降、視学官としてイングランドおよびヨーロッパ大陸諸国を広く視察して回ったが、その間に、教 育事情のみならず、様々な社会問題を観察し、その成果が有名な Culture and Anarchy (1869) の誕生となった。アーノルドは、ヴィクトリア朝社会の偏狭性、俗物性 ('philistinism')、派閥主義、功利主義的物質主義などを鋭く批判して、時代を代表する批評家となった。

ドイツの古典学者 Friedrich August Wolf (1759-1824) が Prolegomena ad Homerum (1795) で、ホーマーの作品は口承によって語り継がれたそれぞれ独立した短いバラッドを後にまとめたものであると唱えて以来、バラッド形式によるホー マー訳を試みる者が続出した。代表的なものは William Maginn (1793-1842) が1830年に自らその創設に参加した The Fraser’s Magazine に発表した “Homeric Ballads” であり、また、ロンドン大学のラテン語教授 F. W. Newman が Wolf の見解を踏襲した翻訳 The Iliad of Homer を 1856年に出版した。57年にオックスフォード大学詩学教授に就任したアーノルドが “On Translating Homer” の題で行った連続講義 (1860年11月3日、12月8日、61年1月26日) は、ホーマー訳をバラッド形式で行おうとする時代の雰囲気に対 して、古典主義の立場に立つアーノルドがその面目にかけて対決した感がある。次の引用は、バラッドに対する彼の基本的な視点をよく表している。

Poets receive their distinctive character, not from their subject, but from their application to that subject of the ideas (to quote the Excursion)

On God, on Nature, and on human life,

which they have acquired for themselves. In the ballad-poets in general, as in men of a rude and early stage of the world, in whom their humanity is not yet variously and fully developed, the stock of these ideas is scanty, and the ideas themselves not very effective or profound. [For] them the narrative itself is the great matter, not the spirit and significance which underlies the narrative. Even in later times of richly developed life and thought, poets appear who have what may be called a balladist’s mind; in whom a fresh and lively curiosity for the outward spectacle of the world is much more strong than their sense of the inward significance of that spectacle. [“On Translating Homer”, On the Classical Tradition (The Complete Prose Works of Matthew Arnold 1), ed. R. H. Super (U of Michigan P, 1960) 210]

61年11月30日に行われた第4回目の講義は、ニューマンの反論 "Homeric Translation in Theory and Practice: A Reply to Matthew Arnold" (61年6月8日) に対するアーノルドの再反論であるが、そこでは彼は伝承バラッド "Sir Patrick Spens" から最後の二つのスタンザを引用し、"When there comes in poetry what I may call the lyrical cry, this transfigures everything, makes everything grand; the simplest form may be here even an advantage, because the flame of the emotion glows through and through it more easily." ("On Translating Homer", On the Classical Tradition 209) と述べている。「抒情的悲しみ」にあふれた彼のバラッド詩 "The Forsaken Merman" は、1849年に匿名で出版された最初の詩集 The Strayed Reveller and Other Poems に収められている。 (M. Y.)

論文1 「アーノルドとバラッドをめぐって」『英語と英米文学』8 (1973) 33-51.

原詩(英詩) 訳詩
1. The Forsaken Merma  1. 捨てられた男人魚
2. St. Brandan 2. 聖ブレンダン