18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ジョージ・コールマン (George Colman, the Younger, 1762-1836)


 
イングランドの詩人、劇作家。アバディーン大学在学中に、Whig党の政治家Charles James Fox (1749-1806) を諷刺した詩 “The Man of the People” を出版する。後に、My Night Gown and Slippers (1797) やPoetical Vagaries (1812) など、いわゆる「ユーモア詩」と言われる詩集を出版している。劇作品としては、ウィリアム・ゴドウィン (William Godwin, 1756-1836) の小説The Adventures of Caleb Williams (1794) をドラマ化したThe Iron Chest (1796) や、典型的な英国人気質を活写して彼の最高作と評されるJohn Bull, or an Englishman’s Fireside (1803) その他多くのものを書き残し、時代が求めるものに敏で、聴衆を涙と笑いのメロドラマに誘う当代随一の劇作家であったと言われる。 (M. Y.)

原詩(英詩  
1. The Maid of the Moor, or the Water Fiends  
2. Sir Marmaduke  
3. Unfortunate Miss Bailey