18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ジョン・ジェーミソン (John Jamieson, 1759-1838)



スコットランドの辞書編纂家、古物研究家。グラスゴーに生まれる。彼が編纂した An Etymological Dictionary of the Scottish Language は、1808年に2巻本がエディンバラで出版され、25年に更に2巻本の Supplement が出版された。1931年から76年にかけての Scottish National Dictionary Association による The Scottish National Dictionary が出るまでは、ジェーミソンの辞書がスコットランド語に関する最も重要で信頼の置ける辞書としての役割を果たしてきた

ジェーミソンはスコット (Sir Walter Scott) の友人であり、彼のバラッド詩 “Water Kelpie” はスコットの Minstrelsy of the Scottish Border (1802-03) に収められているが、この作品の頭注でスコットは次のように書いている:“The principal design of the author of this piece was to give a specimen of Scottish writing more nearly to the classical compositions of our ancient bards than that which has been generally followed for seventy or eighty years past.” 更にスコットは、ジェーミソンの辞書の出版予告を付け加えている:“It was with pleasure that the Editor announces to the literary wor[l]d that Dr Jamieson is about to publish a complete Dictionary of the Scottish Dialect; his intimate acquaintance with which is evinced in the following stanzas.” [Minstrelsy of the Scottish Border, ed. Thomas Henderson (London: George G. Harrap, 1931) 676]  (M. Y.)

原詩(英詩)  
1. Water Kelpie