ジョン・レイデン (John Leyden, 1775-1811)


 

 

1775年9月、スコットランド、ロクスバラ (Roxburgh)州の小村デンホルム (Denholm)で 羊飼いの子として生まれる。スコット(Sir Walter Scott) が その才気溢れる短い一生を惜しむほど、レイデンは詩人、古物研究家、言語学者、 フォークソング収集家、東洋学者、医者としての才能に恵まれた。 スコットのMinstrelsy of the Scottish Border (1802-3)の編集に携わり、 自らも"Lord Soulis"や"The Mermaid"などのバラッド詩を提供し、 論文"Dissertation of Faery Superstition"も寄稿した。 また、M. G. ルイス (M. G. Lewis)のTales of Wonder (1801) にも バラッド詩"The Elfin-King"を載せている。 彼の詩やバラッドは、死後出版である Poems and Ballads (1858, 1875)に収められている。 当時の探検ブームや異国文化への憧れに乗じて、1803年、医者としてインドに赴任し、 1811年ジャワ島で命を落とすまでインドや極東の地域に滞在する。 その間、インドやその他のアジアの言語、神話、民俗学の研究において多大な功績を成し、その博学と、いわゆる"Romantic Orientalism"への貢献はサー・ウィリアム・ジョーンズ (Sir William Jones, 1746-94) に匹敵するほどであると称されている。  (Y. Y.)

 

原詩(英詩)
1.The Cout of Keilder
2.The Elfin-King
3.The Lai of the Ettercap
4.Lord Soulis
5.The Mermaid

 

 

論文一覧