18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ジョージ・マッカイ・ブラウン(George Mackay Brown, 1921-96)
_________________________________________________________________________________________________________________________________________________

 スコットランド、オークニー諸島出身の詩人・作家。エディンバラで学んだ時期を除いて生涯のほとんどを諸島の第2の町ストラムネスで過ごし、総計50篇以上の詩、物語(子供向けを含む)、戯曲、エッセイを世界に向けて発信した。ブラウンが創造する多面的な世界には、古来より様々な文化が交錯するスコットランド北東沖数マイルのオークニー諸島の文化・歴史が色濃く反映されている。この多様で複雑な文化の交流は今日のボーダーレスの世界と共通する。ブラウンはこの多文化の交錯する地点で詩人としての役割と生き方を探求したのである。それは表現の媒体としてのことば(と沈黙)の可能性を問う試みであり、作品群は勢いメタ要素に満ち溢れた実験の場であった。読者はその可能性の探求に誘(いざな)われることになる。2021年はブラウンの生誕100年と没後25年に当たる。(A. K.)

原詩(英詩) 訳詩
1. The Ballad of Betty Mouat  
2. A Ballad of Gow the Pirate  
3. John Barleycorn  
4. Three Songs from a Play