18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ウィリアム・プルーマー (William Plomer, 1903-73)


南アフリカ、ピーターズバーグ (Pietersburg) 生まれの英国の詩人、小説家。最初の小説 Turbott Wolfe (1926) は、南アフリカを舞台とした異人種間の恋愛と結婚をテーマとしている。1920年代の後半、およそ2年間を日本で過ごし、教職の傍ら、著作と旅行に励み、その成果が詩や短編集 Paper Houses (1929) や小説 Sado (1931) で発表された。1929年にイギリスに移り、ロンドンのブルームズベリー(Bloomsbury) に居を構えて、ウルフ (Virginia Woolf, 1882-1941) らと親交を深めていった。

プルーマーの最初の詩集 Notes for Poems は1927に出版され、Collected Poems が 1973年に出版されている。彼は、自身の詩作精神について次のように述べている:“A concern with persons, in their times and places, has always been a main motive force in my poetry. Because of that, my poems have narrative and dramatic tendencies, and a good many have taken ballad-like forms, sometimes being concerned with the blending or juxtaposition of the monstrous with the commonplace, or the pathetic and absurd with the tragic or ominous.” [Rosalie Murphy, ed., Contemporary Poets (London: St. James P, 1970) 861] 40年代から50年代にかけて書かれた一連のバラッド詩は ‘a treasure of Plomer’s’ と呼ばれ、都会を舞台とした鋭い諷刺に満ちた作品群である。 (M. Y.)

原詩(英詩)  
1. Anglo-Swiss: or, a Day among the Alps  
2. Atheling Grange: or, the Apotheosis of Lotte Nussbaum  
3. The Dorking Thigh  
4. French Lisette: a Ballad of Maida Vale  
5. Mews Flat Mona: a Memory of the ’Twenties  
6. The Murder on the Downs  
7. The Naiad of Ostend: or, a Fatal Passion  
8. The Self-Made Blonde  
9. A Shot in the Park  
10. Slightly Foxed: or, the Widower of Bayswater  
11. The Widow’s Plot: or, She Got What Was Coming to Her