18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

アンドルー・ラング (Andrew Lang, 1844-1912)


 

スコットランドの詩人、文芸評論家。1844年3月31日、ボーダー地方の名家の子としてセルカーク (Selkirk) に生まれる。エディンバラ・アカデミー、詩作を始めたセントアンドルーズ大学、グラスゴー大学、オックスフォード大学ベイリオルカレッジで教育を受け、 1868年から74年まではオックスフォード大学マートンカレッジのフェローとして、神話、儀礼、トーテミズムを研究した。75年にロンドンに移り、当代 の最も著名な文人として活躍した。出版した詩集には Ballads and Lyrics of Old France (1872)、Ballads in Blue China (1880, 1881) などがある。他方で、共同散文訳 Odyssey (1879) や Iliad (1883) を出版。また、The Gold of Fairnilee (1888) やThe Blue Fairy Book (1889) を著わして、広い人気を博した。ラングは、バラッドの起源をめぐる論争で活躍し、チャイルド (F. J. Child) とガマリ (F. B. Gummere) に賛同して、共同体起源説を支持した。 (H. N.)

原詩(英詩)
1. The Bridge of Death
2. The Fragment of the Fause Lover and the Dead Leman
3. Le Père Sévère: King Louis' Daughter
4. The Milk White Doe
5. The Sudden Bridal
6. The Three Captains
7. The Young Ruthven
8. The Queen o’ Spain and the Bault McLean
9. Keith of Craigentolly
10. A Lady of High Degree
11. For a Rose’s Sake
12. The Brigand’s Grave
13. Iannoula