18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

W・M・サッカレー (W. M. Thackeray, 1811-63)



インドのカルカッタに生まれ、5歳でイングランドに移り住む。サッカレーと言えば The Book of Snobs
 (1847) や Vanity Fair (1848) といった風刺精神溢れる散文作品がよく知られているが、彼がケンブリッジ大学トリニティ・カレッジをわずか一年で退学した理由は、散文ではなく詩作に耽り 勉学を怠ったためと言われている。幼くして父親を亡くし、結婚してからは妻が発狂し、苦難の多い生涯を送ったと言われるサッカレーであるが、彼の詩作品に は、彼が人生に必要であると考えたユーモアが満ち溢れている。 (M. M.)

原詩(英詩)  
1. The Ballad of Bouillabaisse  
2. The Ballad of Eliza Davis  
3. The Cane-Bottom'd Chair  
4. Damages, Two Hundred Pounds  
5. The Excellent New Ballad of Mr. Peel at Toledo  
6. The Flying Duke  
7. The King of Brentford’s Testament  
8. The Knight and the Lady  
9. The Lamentable Ballad of the Foundling of Shoreditch  
10. Little Billee  
11. The Willow-Tree  
12. The Willow-Tree (Another Version)  
13. A Woeful New Ballad of the Protestant Conspiracy to Take the Pope’s Life  
14. The Wofle New Ballad of Jane Roney and Mary Brown