18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

アレグザンダー・ポープ (Alexander Pope, 1688-1744)



イングランドの詩人。ダブリンに生まれたが、1700年に一家はイングランド南東部、バークシャー (Berkshire) 州の王立 Windsor Forest に近い Binfield に移り住む。12歳の時からポット氏病(脊椎カリエス)を病む。ほとんど独学で、ホーマー (Homer), ヴァージル (Virgil), そしてホラティウス (Horace) などの古典から, チョーサー (Geoffrey Chaucer) やシェイクスピア (William Shakespeare) などの英文学に親しむ。

スペイン継承戦争の終結をもたらした「ユトレヒト講和条約」(the Peace of Utrecht) を讃えた Windsor Forest(1713) は ‘topographical poetry’ と呼ばれ、歴史的、文学的、政治的感慨と風景を結びつけるタイプの詩で、18世紀に流行した。その他の主要な作品として、Essay on Criticism (1711), The Rape of the Lock (1712), ホーマーの Iliad 翻訳 (1715-20)Essay on Man (1733-34) などがある。ポープは ‘heroic couplet’ の名手であったが、コールリッジ (S. T. Coleridge) やハズリット (William Hazlitt) などのロマン派詩人からは、それが不自然で人工的だと非難された。20世紀に入って、ポープの詩の持つ多様性と複雑性がエンプソン (William Empson) らによって再評価されてきた。 (M. Y.)

原詩(英詩)  
1. The Court Ballad  
2. Sandys’ Ghost