18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

チャールズ・マッケイ (Charles MacKay, 1814-89)



スコットランドの詩人。1814年3月、パース (Perth) に生まれる。Morning Chronicle, Glasgow Argus, London Illustrated News, the Times な どの雑誌や新聞でジャーナリストとして活躍するが、時折、詩や歌の執筆にも手を染めていた。その中でも、Henry Russell (1812-1900) の旋律と一緒に発表された "The Good Time Coming", "Cheer Boys, Cheer!" はたいへんな売り上げを誇ったという。彼の作品の多くは、Voices from the Crowd (1846), Ballads and Lyrics (1855), Poetical Works of Charles Mackay (1876) などの詩集に収められている。また、Dictionary of Lowland Scotch (1888) の編者としても名を残している。 (Y. Y.)

 

原詩(英詩)
1. The Kelpie of Corryevreckan
2. Tubal Cain