18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ジョージ・メレディス (George Meredith, 1828-1909)


 

イングランドの詩人、小説家。ポーツマス (Portsmouth) に生まれる。代表作は Modern Love, and Poems of the English Roadside (1862)。1849年、メレディスは小説家・詩人 Thomas Love Peacock (1785-1866) の娘 Mary Ellen Nicholls と最初の結婚をするが、妻の駆け落ちによりまもなく破綻。Modern Love はこの経験が大いに反映された作品である。ちなみに妻の駆け落ち相手は、メレディス自身がモデルをつとめ、当時大絶賛をうけた絵画『チャタトンの死』(1856) を描いたラファエロ前派の画家 Henry Wallis (1830-1916) であった。

メ レディスのバラッド詩について批評家 Renate Muendel は次のように指摘する。'The ballads . . . deal with the force of jealousy, pride, suspicion, revenge, and the conflict between uxoriousness and loyalty to one's followers. Dramatizing brief, suggestive incidents, they capture the tragic essence of human relationship gone awry and, sometimes, the rottenness of an entire culture. In addition, they point to the precariousness of human communication and to the unreliability of appearances — topics Meredith explores at greater length and with more complexity in "Modern Love" and in his novels.' [Renate Muendel, George Meredith (Boston, 1986) 23] 抒情詩では激しい感情を抑制しえない。赤裸々で醜悪な人間悲喜劇をうたいえるのは、憎しみや悲しみや喜びを三人称で物語り、長い人間の歴史を昇華してきたバラッドであったのだろう。 (M. M.)

原詩(英詩)
1. Archduchess Anne
2. A Ballad of Past Meridian
3. Beauty Rohtraut
4. Margaret’s Bridal Eve
5. The Three Maidens
6. The Young Princess: a Ballad of Old Laws of Love