18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ジョン・メイスフィールド (John Masefield, 1878-1967)


 

イングランドの詩人。1878年6月1日、ヘレフォードシア (Herefordshire) のレドベリー (Ledbury) に生まれる。6才で母親を亡くし、1891年には父親が精神を病んで入院、翌年亡くなり、叔母に預けられた。船乗りの訓練のために13 才で実習船に乗り込むが、この実習船上でメイスフィールドの物語好きは育まれた。94年16才でチリ行きの帆船に乗務し、この初めての航海でひどい船酔い を経験する。翌年、ニューヨーク行きの船に乗務するが、作家願望は抑え難く、ニューヨークで下船。その後しばらくはアメリカで放浪者のような生活を送っ た。97年イギリスに戻り、イエイツ (W. B. Yeats, 1865-1939) と出会い、ふたりは生涯の友となった。

1902年に出版されたメイスフィールドの最初の詩集 Salt-Water Ballads には、彼自身の海での豊かな経験がちりばめられている。メイスフィールドの詩について、Harry Blamires は「Salt-Water Ballads と1910年出版の詩集 Ballads and Poems 中の作品は、リズムも文体も生き生きとし、野外を行くような様々な変化に満ちている作品もあれば、しみじみとした、あるいは荒海を渡る船乗りの調子で、塩辛い海と、もっと塩辛い水夫たちの美徳を讃える作品もある」[Twentieth Century English Literature, 2nd ed. (1982) 13-14] と評している。

1930年、ブリッジズ (Robert Bridges, 1844-1930) の後を継いで桂冠詩人となる。 (H. N.)

原詩(英詩)
1. The Ballad of Sir Bors
2. Cap on Head: A Tale of the O’Neil
3. Cape Horn Gospel I
4. Cape Horn Gospel II
5. Cargoes
6. Mother Carey
7. One of the Bo'sun's Yarns
8. "Port of Many Ships"
9. Sea-Fever
10. The Yarn of the Loch Achray