18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ウィリアム・モリス (William Morris, 1834-96)



ロ ンドン出身。詩人、著述家、工芸家、家具・テキスタイルデザイナー、ビジネスマンと様々な顔を持つ。オックスフォードに学び、そこで生涯の友バーンジョー ンズ (Burne-Jones, 1833-98) と出会う。1856年に D. G. Rossetti (1828-82) と出会い、ラファエル前派に参加するようになる。詩人としての代表作は、The Defence of Guenevere and Other Poems (1858) や The Earthly Paradise (1868-70) など。モリスは伝承バラッドを最良の詩型であると考え、自らも多くのバラッド詩を書き残している。彼のバラッド詩は、まるでタペストリーのような色彩と全 編に溢れる中世趣味が最大の特徴であり、それは彼が手がけた数々の作品にも共通するものであった。また、モリスの妻 Jane と Rossetti との長年に及ぶ不倫の仲はあまりに有名である。   (M. M.)

原詩(英詩) 訳詩
1. Riding Together 1. 戦友(とも)と馬を並べて
2. The Sailing of the Sword 2. (つるぎ)号の航海
3. Shameful Death 3. 不名誉な死
4. Two Red Roses across the Moon 4. 「月に架かる二輪の薔薇よ」
5. Welland River 5. ウェランド川