18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ロバート・ラム (Robert Lambe, 1712-95)


イングランド北東部の州ダラム(Durham) に生まれる。ケンブリッジ大学を卒業。聖職者となって、1747年からはノーサンバーランド (Northumberland) 州 Norham の主任司祭を務めた。チャイルド (Francis James Child) は “Kemp Owyne” (No. 34) の頭注で、匿名を装ったラムのバラッド詩について次のように述べている。

The Rev. Mr Lamb, of Norham, communicated to Hutchinson [William, 1732-1814], author of ‘A View of Northumberland,’ a ballad entitled ‘The Laidley Worm of Spindleston Heughs,’ with this harmless preamble: “A song 500 years old, made by the old Mountain Bard, Duncan Frasier, living on Cheviot, A. D. 1270. From an ancient manuscript.” This composition of Mr. Lamb’s — for nearly every line of it is his — is not only based on popular tradition, but evidently preserves some small fragments of a popular ballad, and for this reason is given in an Appendix. [Francis James Child, ed., The English and Scottish Popular Ballads (New York: Dover, 1965) 1: 308]

ラムは、彼の博学ぶりをよく示す History of Chess (1764) の作者として、また、語源をめぐる夥しい注を付した “An Exact and Circumstantial History of the Battle of Flodden, in verse, written about the time of Queen Elizabeth” (1774) という詩の編者としても良く知られている。パースィ (Thomas Percy) は Reliques of Ancient English Poetry の序文で、ラムの協力についての謝辞を述べている。 (M. Y.)

原詩(英詩)
1. The Laidley Worm of Spindleston Heughs