18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

チャールズ・キングズリー (Charles Kingsley, 1819-75)


 
詩人・小説家であり、また聖職者・社会改革者であったキングズリー (Charles Kingsley) はイングランド南西部デボン (Devon) 州ホウム(Holme) に生まれ、ケンブリッジ大学モードリン・カレッジに学ぶ。 後年、母校の歴史学教授も勤めた。

クリミア戦争 (1853-56) が引き起した愛国心から生まれたキングズリーの代表的な海洋小説 Westward Ho! (1855) は、舞台をエリザベス朝時代に移して、スペインの無敵艦隊に挑むデボン出身の若者の恋と冒険の物語であるが、"Ballad of Earl Haldan's Daughter" は作品中で美女ローズが自分を連れ去った敵国スペイン人グズマンに対する激しい愛憎を込めてうたった歌である。 また、有名なバラッド詩 "The Three Fishers" 中の「男は働き 女は泣く運命(さだめ)」("For men must work and women must weep") という一節は諺になっているほどである。 ヴィクトリア女王が自分の子供たちへの愛読書としたとして有名な童話The Water-Babies (1863)は、 煙突掃除の少年トムのおとぎ話を通して煙突掃除夫保護条例 (Chimney Sweeper's Act) を産み出したと言われ、キングズリーの面目躍如たるものがあった。  (M. Y.)

論文  1 中島久代「19世紀バラッド詩の一断面—— Charles Kingsleyの“The Three Fishers” ——」
原詩(英詩) 原詩
1. The Bad Squire  
2. Ballad: Lorraine, Lorraine, Lorrèe  
3. Ballad of Earl Haldan's Daughter  
4. The Knight's Leap  4. 騎士の跳躍
5. The Last Buccaneer  
6. A New Forest Ballad  
7. The Outlaw  
8. The Priest's Heart  
9. The Red King  
10. The Sands of Dee  
11. Scotch Song  
12. The Song of the Little Baltung  
13. The Three Fishers 13. 三人の漁師
14. The Weird Lady  
15. The Young Knight