18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

オーブリー・ド・ヴィア (Aubrey De Vere, 1814-1902)



アイルランドの詩人。1814年1月、リメリック (Limerick) に生まれる。同じく詩人の Sir Aubrey de Vere (1788-46) の息子。Wordsworth や Coleridge の影響の下で詩人としてのキャリアを始め、Tennyson, Browning, Carlyle, Sir Henry Taylor など当時の著名人との交友関係を築いた。父の死やアイルランド大飢饉を境に、彼の宗教心は深まりを見せ、ローマン・カトリックに改宗するに至る。賛美歌 "A May Carol" は、ローマ教皇 Pius IX の計らいにより作られたと言われている。また、ケルト伝説や文学にも多大なる関心を示し、後の 'Celtic Revival' への道筋を示した。主な詩集に The Sisters (1816), Irish Odes (1869), Legends of St Patrick (1872), St Peters Chains(1888) など。 (Y. Y.)

原詩(英詩)  
1. At the Tomb of King Arthur  
2. A Ballad of Athlone  
3. The Ballad of “Bonny Portmore”  
4. A Ballad of Sarsfield  
5. The Bier that Conquered; or, O’Donnell’s Answer