18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ジョージ・エリオット (George Eliot, 1819-80)



イングランドの小説家、詩人。中部ウォリックシャー州 (Warwickshire) の田舎に生まれる。「ジョージ・エリオット」は、本名メアリー・アン・エヴァンズ (Mary Ann Evans) のペンネームで、彼女は19世紀を代表する英国小説家の一人となった。Silas Marner (1861) やMiddlemarch (1871-2) その他多くの作品は、伝統的な道徳的感性を示すものとして、リーヴィス (F. R. Leavis) がThe Great Tradition (1948) で高く評価した。1867年にスペインを旅行し、翌年劇詩The Spanish Gypsy が出版された。その他、Agatha (1869) や Armgart (1871) など、生涯で10篇近い詩集も出版しているが、詩人としての注目度は決して高くない。(M. Y.)

原詩(英詩)  
1. Two Lovers