18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

トマス・オズボーン・デイヴィス (Thomas Osborne Davis, 1814-45)



アイルランドの愛国詩人。アイルランド共和国南西部コーク (Cork) に生まれ、 名門トリニティ・カレッジ・ダブリンに学ぶ。ダニエル・オコンネル (Daniel O'Connell) の 強い影響を受けて学生時代から民族文化に関心を抱き、1842年、 アイルランド独立運動の闘士チャールズ・ギャヴァン・ダフィーらと The Nation 誌を創刊。 急進的民族主義グループ運動 ('The Young Ireland Movement') の若き詩人たちの中心的存在であった。 デイヴィスの愛国主義的バラッド詩は、初めはThe Nation に発表され、 その後 The Spirit of the Nation に収録された。 (M. Y.)

原詩(英詩) 訳詩 
1. Fontenoy  
2. The Sack of Baltimore  
3. Lament for the Death of Eoghan Ruadh O'Neill  3. オーウェン・ロー・オニールの死に寄せて