18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ウィリアム・E・エイトン (William E. Aytoun, 1813-65)


詩人サー・ロバート・エイトン (Sir Robert Aytoun, 1570-1638) の子孫。文学と法学に通じたエイトンは、1845年にはエディンバラ大学の文学教授に、また52年にはオークニーの判事となる。自他共に認める愛国者であった彼は、詩集 Lays of the Scottish Cavaliers(1849 年) において、モントローズ伯 (James Graham, 5th Earl and 1st Marquess of Montrose, 1612-50) やクレイヴァハウス (John Graham of Claverhouse, 1st Viscount, 1649?-89) といったスコットランドの英雄たちの功績やその死に様を極めて感傷的にうたい、自国の歴史の継承に貢献している。一方で、セオドア・マーティン (Theodore Martin, 1816-1909) と共にBon Gaultier のペンネームで出版した詩集 A Book of Ballads (1845) においては、伝承バラッドや、テニスン (Alfred Tennyson) やE. B. ブラウニング (E. B. Browning) の作品を模したパロディ詩を多数書いて、卓越したユーモアのセンスを披露し、さらに、Firmilian, a Spasmodic Tragedy (1854) においては、痙攣派の詩人たちの詩作をパロディという形式の中で批判し、パロディを批評のレベルに高めている。 (M. M.)

論文 1 宮原牧子 「19世紀パロディ・バラッド詩 (1) ― エイトンとロビンフッド・バラッド ―」
原詩(英詩) 訳詩
1. The Burial-March of Dundee  
2. The Execution of Montrose 2. モントローズ候の処刑
3. The Heart of the Bruce  
4. Little John and the Red Friar  
5. The Massacre of the MacPherson  
6. The Queen in France