18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

パーシー・ビッシュ・シェリー (Percy Bysshe Shelley, 1792-1822)



1792年8月4日、イングランド・サセックス (Sussex) 州生まれのロマン派詩人。『無神論の必然性』(The Necessity of Atheism, 1811) というパンフレットをオックスフォード大学在学中に出して放校された。社会に反発し自由を求める革命児として知られる。代表作には "Ode to the West Wind" (1819) や Prometheus Unbound (1820) などが挙げられる。


バラッド詩「シスター・ローザ」('Sister Rosa: A Ballad') は、彼のゴシック小説『セント・アーヴィン』(St. Irvyne, 1811) に挿入されている。
バラッド詩「セント・エドモンドの夕べ」(‘St. Edmond’s Eve’) については、シェリーが妹エリザベスと出した詩集 Original Poetry by Victor and Cazire に収められていたが、出版当初(1810) から物議をかもした。マシュー・グレゴリー・ルイス (Matthew Gregory Lewis) の詩集 Tales of Terror (1801) の「エルムハムの黒衣の修道士―セント・エドモンドの夕べ」(“The Black Canon of Elmham; or, Saint Edmond’s Eve”) とそっくりだったからである。出版後、指摘を受けたシェリーは妹エリザベスがルイスの作品を入れてしまったのだと弁解し、出版社に削除を求めた。しかし、 幼少の頃からルイスの作品に親しみ、兄弟達に聞かせていたことなどから考えて、シェリーが記憶して書いてしまったのだというのが一般的な見解である。更 に、この詩集には他にも同時代の詩人からの剽窃もしくは模倣と思われる詩が入っている点も見逃せない。以後、このバラッド詩をシェリーの詩集に入れるかど うかは編集者によって異なった。(ルイスのSuppl-1参照)

妻メアリーはシェリーが傾倒した急進的思想家ウィリアム・ゴドウィン (William Godwin, 1756-1836) の娘で『フランケンシュタイン』(Frankenstein, or the Modern Prometheus, 1818) の作者である。 (M. I.) 

論文1 伊藤真紀「P. B. ShelleyのWandering Jew像とゴシシズム
原詩(英詩) 訳詩
1. The Devil’s Walk: A Ballad  
2. The Fugitives 2. 逃亡者たち
3. Ghasta, or, the Avenging Demon!!! 3. 復讐の悪魔ガースタ!!!
4. Sister Rosa: A Ballad 4. シスター・ローザ
5. Saint Edmond’s Eve 5. セント・エドモンドの夕べ