18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

リチャード・ハリス・バラム (Richard Harris Barham, 1788-1845)



イングランドの詩人。1788年11月、カンタベリーに生まれる。タッピングトン屋敷のトーマス・インゴルズビー (Thomas Ingoldsby of Tappington Manor) という筆名で『インゴルズビー伝説集』(The Ingoldsby Legends, 1840, 42, 47) をBentleys Miscellany やNew Monthly Magazineで 発表し一躍人気作家になる。現在ではその名声は衰えているが、ヴィクトリア朝時代には大変人気があったという。中世のフォークロアやバラッドを面白可笑し くパロディー化する手腕でイングランド有数のヒューモアリストとして評価されるが、綿密な好古趣味的な研究がその作品群を支えていることは特筆すべきであ る。「ジャックドー・レイムズの物語」(The Jackdaw of Rheims, 1837) が有名。 (Y. Y.)

原詩(英詩)  
1. The Babes in the Wood  
2. The Jackdaw of Rheims  
3. A Lay of St. Nicholas  
4. Misadventures at Margate  
5. Mr. Barney Maguire’s Account of the Coronation  
6. Nell Cook