18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

トマス・ラブ・ピーコック (Thomas Love Peacock, 1785-1866)



1785 年、ウェイマス (Weymouth) で生まれたイングランドの小説家、詩人。ガラス商人の父親とは離れて暮らしており、幼い頃から母親に育てられ 経済的にも苦しかったため、彼は独学でギリシア語やラテン語、フランス語、イタリア語などを習得した。10代後半に詩集 Palmyra, and Other PoemsThe Monks of St. Mark を発表している。1812年にシェリー (P. B. Shelley, 1792-1822) と出会い、親交を結んだ。1819年に東インド会社に入社し、以降は小説を書く一方で社員としても会社に貢献した。

風刺小説 Crotchet Castle (1831)、 Gryll Grange (1861) など多くの小説を書いており、代表作 Nightmare Abbey (1818) はシェリー、コールリッジ (S. T. Coleridge, 1772-1834)、バイロン (George Gordon Byron, 1788-1824) を思わせる著名な文人たちのパーティでの雑談を風刺的につづった小説である。彼の風刺小説はハクスリー (Aldous Huxley) に影響を与えたと言われる。1820年には文学批評 The Four Ages of Poetry を出版し、これに答える形でシェリーは Defence of Poetry (執筆1821年, 出版1840年) を書いた。

彼のバラッド詩 “Bold Robin Hood” と “Robin Hood and the Two Grey Friars” は小説 Maid Marian (1822) に挿入されている。 (M. I.)

原詩(英詩)
1. Bold Robin Hood
2. The Cauldron of Ceridwen
3. The Friar of Rubygill
4. Llyn-Y-Dreiddiad-Vrawd
5. The Priest and the Mulberry Tree
6. Robin Hood and the Two Grey Friars 
7. The War-Song of Dinas Vawr