18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

サー・ウォルター・スコット (Sir Walter Scott, 1771-1832)



ス コットランドの詩人、小説家。1771年8月15日、エディンバラのカレッジ・ワインド (College Wynd) で生まれ、エディンバラ大学で教育を受ける。少年時代を過ごしたケルソー (Kelso) の祖父の家で、ボーダー地方の古い物語やバラッドに目覚め、13歳でパースィ (Thomas Percy) 編纂の Reliques of Ancient English Poetry (1765) に大きな刺激を受けた。法廷外弁護士であった父親の見習いをしていた時代には、余暇時間のほとんどすべてをボーダー地方の古い物語やバラッドの蒐集にあて た。同時に、ドイツ・ロマン派詩にも影響を受け、1797年にドイツ詩人ビュルガー (Gottfried August Bürger, 1747-94) の作品の翻訳 "The Wild Huntsman" や模倣バラッド詩 "William and Helen" を発表した。1802年から3年にかけて出版した Minstrelsy of the Scottish Border は、スコッ トのそれまでのバラッド蒐集活動の集大成であり、ボーダー地方に伝わるバラッド、自作のバラッド詩、愛国心と独立精神に満ちたバラッドに関する 論文などが収められている。他にも長編詩 "The Lay of the Last Minstrel" (1805)、"Marmion" (1808)、"The Lady of the Lake" (1810) などを次々と発表した。小説は1814年の Waverly から31年の Castle Dangerous まで、20数作を発表した。 (H. N.)

論文1 中島久代「Sir Walter Scottのゴシックバラッド— “William and Helen”をめぐって —」
原詩(英詩) 訳詩
1. Alice Brand  
2. The Battle of Sempach  
3. Bonny Dundee  
4. Cadyow Castle  
5. The Castle of the Seven Shields  
6. Christie’s Will  
7. Elspeth’s Ballad  
8. The Erl-King  
9. The Eve of St. John  
10. The Fire King  
11. Frederick and Alice  
12. Glenfinlas  
13. Jock of Hazeldean  
14. The Noble Moringer  
15. The Orphan Maid  
16. Proud Maisie 16. うぬぼれメイジー
17. The Reiver’s Wedding  
18. Rosabelle  
19. Thomas the Rhymer III  
20. The Wild Huntsman  
21. William and Helen  
22. Young Lochinvar