18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ジョアンナ・ベイリー(Joanna Baillie, 1762-1851)


1762年9月11日、スコットランド・ラナークシア (Lanarkshire) 生まれの劇作家、詩人。 最初の詩集 Poems: Wherein It is Attempted to Describe Certain Views of Nature and of Rustic Manners は1790に出版されたが、98年に出版された最初の劇作集Plays on the Passionsの成功から、スコット (Sir Walter Scott) との親交が始まった。 アーガイル (Argyle) 卿とクランの族長マックリーン (Maclean) の確執を扱って 最も成功した戯曲と言われるThe Family Legend (1810) の ‘prologue’ はスコット自身が書いている。 彼女のバラッド詩は、多くが1821年出版のMetrical Legends に収められている。  (M. Y.)

原詩(英詩)  
1. The Elden Tree: An Ancient Ballad  
2. The Ghost of Fadon  
3. Lord John of the East: A Ballad  
4. Malcolm's Heir: A Tale of Wonder  
5. The Moody Seer: A Ballad  
6. Sir Maurice: A Ballad