18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

リー・ハント (Leigh Hunt, 1784-1859)



1784年10月19日、ロンドンで貧しい牧師の子として生まれたイングランドの詩人、随筆家、ジャーナリストで批評家。クライスツホスピタル (Christ’s Hospital) で教育を受け、キーツ (John Keats) と同じく多読により力をつけていく。この頃、好きだった詩人トムソン (James Thomson) やスペンサー (Edmund Spenser) を模倣して “Winter”、“The Fairy King” などの詩を書き、卒業後1801年に出版したJuvenilia に収められた。またMorning Chronicle など多くの雑誌に詩を発表した。

1808年には兄と共に雑誌The Examiner を 創刊し、編集を務めた。この進歩的な雑誌によりシェリー (P. B. Shelley) やキーツなど若い詩人たちが世に紹介された一方で、摂政皇太子を嘲る記事により投獄された。バイロン (George Gordon Byron)、シェリー、キーツとの交友が知られている。

The Story of Rimini (1816) など多くの詩や小説を残しており、随筆家としても軽妙な語り口で知られている。Autobiography (1850) はカーライル (Thomas Carlyle) から絶賛された。彼はロビン・フッドをモチーフにしたバラッドを書いており、自由主義の雑誌編集者らしいアウトローに対する共感が読み取れる。 (M. I.)

原詩(英詩)  訳詩
1. Robin Hood a Child  1. ロビン・フッドの子ども時代
2. Robin Hood’s Flight  
3. Robin Hood an Outlaw  
4. How Robin and His Outlaws Lived in the Woods  
5. The Glove and the Lions  
6. The St. James's Phenomenon