18世紀のイギリス でバラッド詩という新しいタイプの詩が生まれ、以来、今日まで独特のバ ラッド模倣詩が生み出されて来ました。当ホームページ「英国バラッド詩アーカイブ」は、バラッド詩研究の基盤を整備するために、製作者が知りうる限りでの バラッド詩を網羅的に蒐集したものであります。

FacebookTwitterGoogle Bookmarks

ジーン・インジェロー (Jean Ingelow, 1820-97)



1820年3月17日にイングランドの小さな港町ボストン (Boston) で生まれた詩人で作家。童話も書いており、Mopsa the Fairy (1869) が有名。

少女時代はもっぱらボストンの川べりで過ごし、家庭教師について勉強することもなかった。1834年に経済的な事情でイプスウィッチ (Ipswich) に移住し、その頃から彼女は詩を書き始めた。40年代前半に、後に彼女の本の編集も務めたハルストン (Edward Harston) に出会い、作家への契機となった。1850年に一家は経済的な事情でロンドンへ移住し、文学界が盛り上がっていたこの頃に彼女は匿名で最 初の本 A Rhyming Chronicle of Incidents and Feelings(1850) を出版している。

彼女が最も称賛を受けた詩集 Poems は 1863年に出版された。この詩集に収められたバラッド “The High Tide on the Coast of Lincolnshire, 1571” には彼女が生涯テーマとした「愛」とその愛を描く自然描写、特に川や海を用いて描く特徴がよく表れている。 (M. I.)

原詩(英詩)  
1. The High Tide on the Coast of Lincolnshire, 1571  
2. Winstanley